初心者向けのバイナリーオプション解説サイトです。基礎から上級まで稼ぐための独自のテクニックを公開

バイナリーオプション初心者の始め方

バイナリーオプション初心者向け解説

GMOクリック証券で実際にバイナリーオプションの注文をする手順

更新日:

【だれも言わなかったバイナリーオプションの真実 その二】

老師の説明を受けて、本誌の記者Tはまず安全な国内の業者に口座を開設することにしました。

前回の記事はこちら⇒まずはGMOクリック証券でバイナリーオプション口座を開設しよう

その結果GMOクリック証券を選びました。以下は実際のトレード方法です。

GMOクリック証券でのトレード実践

一応、ここからはGMOクリックでの操作画面をもとにトレードを解説していきます。トレード画面はこのようになっています。

まず、最初にしなければいけないのは右上のボタンで取引する銘柄を選ぶことです。

左端にあるUSD/JPYを選んでみましょう。これでドル円が選択されたことになります。

次にその下に現在の時間で取引されている銘柄が表示されます。現在受付中で取引できるのは14:00~17:00なのでこれを押します。

これで取引する銘柄が選択されました。

ドル円  14:00~17:00 ←この17:00が判定時間です。

GMOクリック証券で扱っている銘柄はラダーというタイプで、価格を選んで判定時間にそれが円安になっているか円高になっているかで勝負します。

図のように右側に7つある価格帯から好きなものを選びます。

ここでは113.100を選んでみましょう。これは一ドル113円10銭ということです。

つぎに注文の板をクリックします。少しずつ値段が動いていますが両方共だいたい500円付近です。このようにほとんど同値付近の価格のものをATM(アット・ザ・マネー)といいます。この呼び方はぜひ覚えておいてください。

 

円高になると思えば左側の青い板を、円安になると思えば右側の赤い板を押してください。

とてもシンプルですね。ちなみに購入と売却が同時に書いてあると思いますが、この板を使って途中で売却することもできます。これはあとで説明します。

取引枚数を入力します。一枚から行けますが一度に建てられる最大の枚数はFX会社によって違いがあります。確認省略を押してから左下の購入ボタンを押します。

そうすると晴れて購入完了です。一枚の値段は円高で553円、円安で497円に現在はなっています。この値段がそのまま購入代金になります。

バイナリーオプションの手軽なところは一枚の値段から建てられることです。市場で買える一枚の値段は33円~999円の間です。

これが判定時間に自分の予想通りの動き(円安か円高)になると1000円満額の払い出しになります。はずれると全額没収です。

今回注文を入れたのはちょうど同値くらいものだったので半分の500円くらいの値段でした。当たると倍の1000円。はずれると0円になります。

バイナリーオプションの値段について

老師「どうじゃな、自分だけでも簡単に出来ただろう」

T「はい、意外とスムーズにいきました。一枚ずつ注文できるのがいいですね」

老師「そこが個人トレーダーに人気がある理由じゃ。1000円以下の金額から始められるのでリスクも小さく手がけやすいのだよ」

T「お小遣い稼ぎに良さそうな額ですね」

老師「うむ。それが落とし穴でもある」

T「え、どういうことですか?」

老師「あまりに手軽にできるので、面白くなればつい安易に手元のお金を毎回かけようとしてしまうのだ。そうすると手数料がかさんで損をしてしまうことになる」

T「手数料というとFX会社に取られる分ですね」

老師「さよう。自分が押した注文の板をよく見てみるが良い。購入と売却で値段が違っておるだろう。円高では553円と503円。50円のサヤがついておるはずじゃ」

T「あ、本当だ」

老師「そのサヤの分がFX会社の取り分になる。サヤのことをスプレッドと呼ぶがこの名前は覚えておくことじゃ。この分が毎回FX会社の取り分になるのだ」

T「すると今回は一回500円のものを注文しましたが、50円はFX会社に取られているということですね」

老師「うむ。一回だけなら大したことがないようにみえるが10回重なったら500円になり、一枚の分と変わらなくなる。決して馬鹿にはできないのじゃ」

T「そう聞くとすごく損をしているような気になりますね。コストから言うとやはり不利なんですか」

老師「そうとも限らん。競輪競馬は控除率が25%なのに対し、バイナリーオプションは5~8%だ。もし公営ギャンブルもこれくらいのコストになればギャンブルで生活をする人間が出てくるだろう。バイナリーは買うタイミングさえ当てれば倍のペイアウトが手に入ったり、メリットも多いのじゃ」

T「なるほど」

老師「だから回数を絞って勝てる様な時だけにエントリーすることだな」

T「わかりました」

老師「次からはすぐ実戦じゃ。本当に勝てる作戦を伝授するぞ」

まとめ

◎トレードの順を覚える。取引回数が多くなりすぎないように注意。

補足)GMOクリックでの取引を例に挙げていますが、もうひとつの関連会社、FXプライムbyGMOの方にもできればペアで口座を作っておいたほうがいいです。同系列の会社なので取引画面がほとんど同一です。フラッシュボードを使ってますがそれを除くと全く同じといっていい外見と操作性があります。

二つ同時に作る理由は、バイナリーオプションの場合二時間おきに判定がされるようになっていますが、GMOクリックは9時に始まり2時間おきの奇数時間、FMプライムbyGMOの場合は偶数時間と、それぞれ判定時間が違います。

つまりこのふたつの会社に口座を持てば一時間置きに判定時間を狙ってトレードできることになります。

最初はGMOクリックの方だけでいいかもしれませんが、もし余裕があればぜひFXプライムの方にも口座を作っておいてください。

一時間おきの判定が出来るだけでなく、たとえば重要な経済指標の発表がある場合に、それぞれ近い時間帯の判定時間を利用することができます。

NEXT⇒バイナリーオプション円安予想で実際に注文【勝つためにはタイミングが重要】

-バイナリーオプション初心者向け解説

Copyright© バイナリーオプション初心者の始め方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.