初心者向けのバイナリーオプション解説サイトです。基礎から上級まで稼ぐための独自のテクニックを公開

バイナリーオプション初心者の始め方

バイナリ―オプション基礎知識 ペイアウト率

バイナリ―オプションのペイアウト率とは?ギャンブルは勝てない理由

投稿日:

今日はペイアウトの持つ意味について集中的にお話をします。ペイアウト率というのは簡単に言えば投資した金額に対してどれくらいが返ってくるかということですが、株やFXでもギャンブルでもおよそお金を投資することに関してこの数字は極めて重要です。

全体のペイアウト率を知ることで本当に投資するに値する対象なのかを判断することができるし、また、なぜ一般のギャンブルで勝てないかがわかります。

バイナリーオプションについてのペイアウトについて今日は考えてみましょう。

ギャンブルと投資の違い 一般のギャンブルで勝てないわけ

さっそくですがあなたはギャンブルをしますか?

世の中には競輪競馬などの公営ギャンブルから、パチンコ、宝くじ、最近ではオンラインカジノなど巷にはいろんなギャンブルがあふれています。

単刀直入に聞きますが、あなたはギャンブルと投資の一番の違いはなんだと思いますか?

たとえばわかりやすいように競輪や競馬を例に挙げてみましょう。このような公営ギャンブルと株やFXの最大の違い。

それは第一にペイアウト率の差です。

ペイアウト率とはひとえに投資した金額に対して何割が返ってくるかを表した数字です。これはもちろん高いほどいいのですが、わかりやすくするために実際の勝ち負けの偏りを考えずに、手数料を取られたあとにどれだけ残るかを考えます。

つまり、ふつう全体的なペイアウト率というのは勝ったり負けたりする確率をランダムと考えて、手数料でひかれたあとの還元率で計算します。

もちろん実際には勝ち負けに差がつくようなゲームもあるので、何千回何万回とトレードをした場合に、どれだけがFX会社や証券会社のような胴元が取って、どれだけの金額が顧客に返ってくるのか、ということを平均的に数字で表したと考えればわかりやすいでしょう。

ようするにトレードに100万円投入して、それがいろんなコストを引いて返ってくるのが90万円だった場合ペイアウト率は90%ということになります。

競輪競馬競艇などの公営ギャンブルではペイアウト率は75%というふうに定められています。

75パーセント。これはつまり投資金の25%が胴元が取って残り75%だけが顧客に返ってくるということです。

例えば100万円の馬券を買った場合に25万円を胴元がとって75万円が払い戻されるということです。これをあなたはどう感じるでしょうか?

ギャンブルの場合はポケットマネーで賭けているのと目先の現金収入に気を取られるので、25%を大きく感じないかもしれませんが、これを株だと考えると印象が大きく変わると思います。

たとえばある証券会社で株を買った場合、100万円投資した時にいきなり手数料を25万円とられるとしたらどうでしょうか。
このような証券会社やFX会社であなたは取引をしようと思いますか?

しかしこれと同じことが公営ギャンブルでは公然と行われているのです。

ギャンブルの仕組みとペイアウトの関係

なぜこのような低いペイアウトを人々が受け入れてしまうのかということですが、それがギャンブルだからという答え以外に、「勝った時の倍率」=見せかけの期待値という要素に人々が左右されているからです。

その一番いい例が宝くじです。

宝くじの場合、勝てば何億となって返ってくるものもありますがペイアウト率から考えるととても低く、全体で30%くらいなのが普通です。

30%ということはあなたが100万円宝くじに投資したとすれば、買った瞬間に70万円を失って捨てているのと同じです。

とんでもない話ですが、なぜこのような無謀なことをしてしまうのかといえば、勝った時の倍率につられてしまうからでしょう。

もし宝くじのルールが変わって100円で買ったくじが一律全員に30円しか配当されなくなれば、もう誰も買う人はいなくなると思います。

しかし、勝った時の見せかけの倍率の大きさのために多くの人が宝くじを買ってしまうのです。

ちなみに私自身は宝くじは買いません。以上の理由で確率とペイアウト率を考えるとあまりにバカバカしいと思うからです。

バイナリーオプションのペイアウトは90~96%

競輪や競馬のような公営ギャンブルはもう少し高く75%ですが、これも毎回4分の一を取られているのと同じなのでかなりきついと思います。

競輪競馬は確率統計の世界で、選手や馬の調子や力量を読むことで技術介入の余地があるので、この胴元が取るコストを上回って勝てる確率がないわけではありません。

しかし前述したように株に例えると100万円の投資の手数料が25万円と同じことなので、やはり投資の対象としては不向きだと思います。

長々とギャンブルの話をしましたが、何かに投資する場合はどれだけ胴元に手数料を取られるのか、その結果としてのペイアウト率がどうなのかは致命的に重要です。

ちなみにバイナリーオプションの場合のペイアウト率は国内業者の大半が90%以上で、業界トップのGMOクリック証券の場合では95%以上という数字が出ています。
これは毎回のスプレッド(サヤ)が5~8%ということに対応していますが、十分に勝負できる数字だと思います。

参考:バイナリーオプション業者はGMOクリック証券がおすすめな理由

まとめ

★投資では全体のペイアウトを知ることが重要。投資した金額に対して何割が返ってくるかを数字で表す。

★公営ギャンブルのペイアウト率は75%、宝くじは30%程度で長期間勝負するとほとんど負ける。

★バイナリーオプションの場合は90%~90%台半ば。95%を超えている業者も。

今回は主に全体のペイアウト率についてでしたが、次回からはもう少し具体的なケースについてもお話したいと思います。

次回の記事はこちらです。
バイナリ―オプションのペイアウト率の仕組み【会社全体のものと個別の取引のものがある】

-バイナリ―オプション基礎知識, ペイアウト率

Copyright© バイナリーオプション初心者の始め方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.